2012年08月15日

Vol.34 MG 8

<Vol.34 MG 8>

今回のマザーグースはなぞなぞだったんですね。蝋燭の事を言っているってなかなかわかりませんでした^^;

纏足、初めて知りました。読み方さえもわからなかったんですが、その纏足の作り方を読んで同じ娘を持つ親として、なんとも言えない気持ちになりました。。

うちの子はまだ小さいので、つま先で歩くことができるのはまだ先だし、今回のアウトプットどうしようかなって思っていたら、ちょうど目の前で娘がつま先立ちで歩いてました。

ちょうどつま先立ちを習得しようとする成長時期と今回の学びが重なったみたいでちょうどよかったです(^^)

以前の学びで色々働きかけをしすぎないで、自然にある程度まかせるのも必要というのを意識するようになってから、自然とモンテッソーリの本にあるように、子供が勝手に自分の成長に必要なものは何かわかって色々試してるなって思うことが増えるようになりました。

自然にある程度まかせて伸び伸びと成長させるっていうのもやっぱり大事なのかな。


つま先というと・・・つま先で歩くとウエストの褐色脂肪細胞が刺激され、ウエストがくびれるそうなので、妊娠前にそれを知ってからよくやっていました。

褐色脂肪細胞を刺激すればするほど、体の代謝も上がり、太りにくい体になるそうです。


ちなみに、褐色脂肪細胞を一番多く持っているのは赤ちゃんらしいです!(何となく気になって調べてみました)http://diet-adp.amase.biz/?p=3

↑上記URLから抜粋

「常に一定以上の体温を確保するため
自分自身の体の中で、食べた物を燃やして
熱を作り続ける仕組みを、大人よりたくさん持ち、
自分の体を守っている。

その仕組みが褐色脂肪細胞です。

体温保持の理由は、寒さから身を守ること以外に、
免疫力を保つことです。」

だから子供って高い体温を維持できてるんですね〜!

それと、妊娠前に通っていたオステオパシーでせっかく治ったO脚も、出産後しばらくしたら見事にO脚に元通りに^^;しかも妊娠中背筋が衰え、そのままにしていた結果、猫背はさらに悪化(汗)

「猫背になると腰も曲がり、骨盤が内側に入りO脚になる」もしかしたら、猫背の悪化によってO脚にまたなったのかも〜

もうちょっと子供が大きくなったら、学びにあったつま先立ち遊びを一緒にしてみたいなって思っているのですが、その一つが↓。
ドーマンの運動の本にあった10cm幅のテープを貼ってその上を歩かせるというのをちょうどしようかなって思っていたところだったので、これのレベルアップにつま先立ち遊びを取り入れたらバランス感覚良くなりそうだな〜と、両方を組み合わせてやってみたいなって思います。

以前の学びで笑顔を意識するようになってから、子供の笑顔が増えた気がします。私のイライラする頻度もかなり減って、笑顔でいると何をやっててもテンション上がって楽しくなってくるので不思議です。私が笑うと子供がうれしそうに笑ってくれるのが、最近の小さな幸せになってます(*^^*)

posted by canarin(キャナリン) at 23:04| Comment(1) | 成長&働きかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜☆

>私が笑うと子供がうれしそうに笑ってくれるのが、最近の小さな幸せになってます(*^^*)

小さな幸せ、ときどき忘れてしまう私です。
昨日は娘と夏休みの課題について一戦交えたとこで、「私がお怒りモードだと子供もイライラする」「だからさらに不幸になる」ですね・・・と反省です。

親は子と共に、毎日学び・訓練しているみたいだわ〜と思った今日でした。

あ、私も猫背。
気を付けてないとすぐにまるまっちゃう。
年と共に、丸まりやすくなった気がする(TωT)
Posted by tamaこと石井 at 2012年08月20日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。