2012年07月15日

西原式その後

西原式を実行中の現在の様子。

粉ミルク&母乳だけでも体はすくすく成長していて、身長はグラフの上部で、筋肉の筋が見えるくらい結構引き締まった体をしています。お肌もつるつるキープ中です。

さすがに毎日のように氷をいくつも口に入れて体が冷えるの心配だったので(西原式は免疫高めるために体を温めましょうって本に書いてあります)、最近冷蔵庫に引き出し防止用のグッズをつけました。とりあえずここ数日、開ける事はなくなったんですが、両メンテープ式なので、いつか剥がされそうなのがちょっと心配です^^;

氷をガリガリ食べるのって現代の子供たちだけって話を聞いたんですが、その理由を聞きそびれてしまったので、そこが気になります。
posted by canarin(キャナリン) at 00:38| Comment(0) | 西原式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

プチ西原式

うちでは現在プチ西原式を取り入れています。

1歳になった今も粉ミルク&母乳オンリー(周りに流されて7〜10ヵ月くらいまで離乳食あげてたら、その間どんどん顔や太ももなどにプツプツができてきて、やっぱり離乳食早すぎたんだと反省し、西原式の本の通りに離乳食をお休みすることに。そうしたら、本の通りに悪いものを出そうと顔に沢山プツプツが出てきた後は、数カ月間ツルンと綺麗な卵肌に♪顔も体もツルツルで、病気もせず健康そのものです。)

離乳食どうしようか迷いながら少ーしずつ進めていた一方で、やっぱり本通りにプツプツが出てきて、調べ直して見つけたとても私には参考になった情報です↓西原式を迷っている方や、周りに言われて自信がなくなっている人の為に書かれた体験談で、産婦人科のナースをされている方のお話なので、すごく参考になりました。

娘の離乳食のこと☆アレルギーを防ぐために@
http://ameblo.jp/yasuyome59/entry-11156293963.html
娘の離乳食のこと☆アレルギーを防ぐためにA
http://ameblo.jp/yasuyome59/entry-11156746577.html
娘の離乳食のこと☆アレルギーを防ぐためにB
http://ameblo.jp/yasuyome59/entry-11158149069.html

うちも途中からだけど、思い直して実行してホントよかったと思っています。プチ西原式にしてから、心もそして育児も楽になりました♪

国が5〜6カ月からの離乳食を進めているのは、離乳食業界に対しての配慮からという話を知って、納得しました。私が調べた時は西原式を根拠ない理由や、むげに批判する内容の記事ばかりたまたま出てきて、2か月遅らせるだけで開始しちゃったけど、後で調べ直して見ると、上のような記事がいくつか見つかり、もっと調べておくんだったと思いました(その時は、自分なりに一生懸命調べたつもりでしたが、なかなか検索にひっかからなかったんですよね^^;)

市の赤ちゃん教室に参加した時に、栄養士さんに6カ月だけどアレルギーにならないようにまだ離乳食始めてないと話すと、みんなの前でイヤな感じでさっさと始めるようにと言われてしまって、本にまともに話すと嫌味を言われたりするから言わないで軽くスルーするようにって書いてあったけど、子供の前でウソつきたくないなと思ってつい言ってしまって結局それで怖気づいて、迷った末に7カ月から離乳食初めてしまったけど、私はそれで後悔しました。もし同じように悩んでいる人がいたら、何か参考になることがあるかもしれないので、一応記載しておきます。芯のしっかりした人はそういう風に言われてもなんともないっていう人もいるかもしれないし、たまたま当たった栄養士さんがいい人だったりしたら、そういう風には言われないかもしれないけど、みんながみんなそんなに強い人ばかりじゃないと思うし、初めての育児をしようとしている人ならなおさらわが子の事を思って不安に思ったり、迷ったりするのは当たり前だと思うので。

ママ友でお肌ツルツルの子がいたので、話をよく聞いてみたら、友達に栄養士の子がいて、早く離乳食を始めるとどうなるか知っているから、アレルギー症状の出ない野菜を選んであげている&途中でお休みしたということでした。その子がネットで調べたら、離乳食は1歳過ぎてからという意見が多くて、それも参考にしたみたいです。

5〜6カ月過ぎると、雑誌とかで離乳食始めるように書いてあったり、食べたがるからと周りであげ始めたりするけど、よくよく考えてみたら、赤ちゃんは食べ物以外の物でもなんでも舐めたり口に入れたり、食べたりしたがる(調べたがる)な〜と、後で冷静になってから思いました。なので、もし次同じような機会があったら、うちでは1歳過ぎるまでは離乳食を始めないでおこうって思います。

特に、離乳食を食べると、子供の乳酸菌で満たされていた腸内が、悪玉菌でいっぱいになるというところが、私が離乳食を休もうと思った一番の理由です。

他にも、ベビードレナージュの本にも、米・麦・乳などの物は早くても1歳を過ぎてからとありましたし、私の周りでは、離乳食を指導された通りに5〜6カ月から始めた子は、乳アレルギーなどになってる子が多いっていうのを知りました。うちの主人も、1歳の頃にはなんでも大人と同じように食べていたそうで、実際に色々とアレルギーがあります。なので、西原式は結構強烈な内容の部分もありますが、上手に取り入れていったら、本当に免疫の強い子になるんじゃないかなって思います(そういえば、対面抱っこの姫川さんの本にも免疫を高める為の方法のところに、西原さんの名前が出てきていた気がします)。

西原式↓
http://www.nishihara-world.jp/art/baby_01.htm

赤ちゃんのうんちの色も、実際に冷えている時は緑色で、体を冷やさないように気をつけていると黄金色になってきました。前はよく考えず、覚めた粉ミルクあげたりしていましたが、西原式の本を読んでから、かわいそうなことをしていたなと反省し、今は必ず暖かい(むしろ推奨されているように、ちょっと熱め)のをあげるようにしています。その方が子供もぐいぐい飲んでる気がします。

冷えは万病の元というくらいなので、子供の冷え対策しっかり頑張ろうと思います。といいつつ、調べたがる氷はつい舐めさせたり、触らせたりしちゃうので、その辺どう対応していいのか迷うところですが、西原式で考えたら氷ってNGですよね。。。(^^;
氷は何度か調べさせたので(うちではちょこちょこ冷蔵庫の氷冷ボックス開けて、出して調べ出す)、今度からはそういう時には、もっと別の興味をそそるような調べる対象物を用意しておこうかなぁ。

あと、寒い日は床が底冷えして、なるべく裸足にして過ごさせたいと思っている我が家では、どうしても足を冷やしてしまうので、その辺の対処もどうしようかなって思っています。EVAマットをとりあえず部分的に敷いてはいるけど、すぐ移動しちゃうから、全部敷き詰めるか、別の物を敷くしかないかなぁとか考えたりしています。ウサちゃんがいるので、お散歩する時にかじることができないものをと思うと、なかなかEVAマットを敷きつめられなかったんですが、次の冬までにどうしようか対策もう一度考え直さないとあせあせ(飛び散る汗)

0歳の時は電磁波がちょっと気になって(気にしすぎかもしれないけど)導入しなかった「かんたん床暖」ですが、今度の冬は買って敷いてみようかなぁ。後付け床暖房も調べてみたんですが、ものすごく高い上に10年で使えなくなる(?)みたいなので、そういうの考えたら、手軽に床暖房のようにできる「かんたん床暖」は魅力的だなって思うので、次の冬までに他に良い案でなかったら、導入検討しようと思います。
Panasonic かんたん床暖 木目:ブラウン色 DC-3V1R-MT / パナソニック
posted by canarin(キャナリン) at 01:49| Comment(0) | 西原式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。